祖父母からの孫へのクリスマスプレゼント

夫の両親から、そういえばそろそろクリスマスだし、今年のクリスマスプレゼント欲しいもの、写メして送ってねと連絡が来たから、と夫が言いました。

うちの5歳と7歳の男の子二人に向けたプレゼントを何にするか、1人五千円の予算で決めてくれと。

そこで、子供たちに何が欲しい?と尋ねると欲しいものは多いけどすぐには思いつかない様子でした。

その後に、じっくり考えても思いつくのはやはり子供なのでおもちゃばかりです。

おもちゃで私は良いと思うのですが、祖父母というのはどうも本だとか知育玩具とかばかりあげたがるのです。

最初からそういうものをあげたいのであれば、自分たちで選んでくれたら良いのに、と思ってしまいます。

まあ子供たち本人達に決めさせたい気持ちも分からなくはないです。

本当に欲しいものをあげて喜んで欲しいとか、もう赤ちゃんの歳ではないだけに年に数回しか会えない孫の好みが分からないということでしょう。

けれど、まあどうせ親からもクリスマスプレゼントはあげるので祖父母からは勉強系の贈り物でも悪くないと思うんですよね。

図鑑とか、あえて親と本人はなかなか選ばないような為になるものをあげるのもありだと。

普段、あまり会えない相手にプレゼントするのって難しいですね。

キャッシングは限度額の範囲内で自由にお金を借りれる

キャッシングサービスの審査と利息の関係
http://marylandpropertyrent.com/archives/55.html

キャッシングは限度額の範囲内で自由にお金を借りることができるのがメリットの一つです。キャッシングは少額融資と言うサービスに分類されますが、実は少額融資に分類されているサービスには総量規制という融資の限度額に関する規制が適用されます。

総量規制は、いわゆる貸金業者に適用される規制で一般的な銀行などの金融機関には適用されません。総量規制が適用される貸金業者では、申請にやってきた本人の年収を限度額の基準として決めることになりますので、融資を受ける最初の段階でどの程度の限度でキャッシングを利用できるのかが決まっているのです。

総量規制は、限度額を決める規制なのでその限度額の範囲内ならば一つの会社だけではなく多くの会社から同時にお金を借りることが可能です。例えば、50万円を限度額として設定された場合には、5つの会社で10万円ずつお金を借りることも可能なのです。

何より、最初から借りることが可能な限度額が決められていると、必ずその範囲で融資を収めることになるので融資の契約で借金のトラブルに巻き込まれる可能性が低くなります。返済しやすい分だけをお金を借りることができるので、ほかの融資と比較しても安全にサービスを使えます。