私と私の母の遺伝子を受け継いだ息子

私は忘れ物が多く、学生時代よく母親に忘れ物を学校へ持ってきてもらった経験があります。母親自身も忘れ物が多いタイプで、私は母親に似たんだなぁという風に思っていました。年齢を重ねても忘れ物が多く気をつけてはいるけれどなかなか直らないものです。

そして、小学生の息子も私や私の母親の遺伝子を受け継いでいてとても忘れ物が多いのです。1年生の頃から何度となく宿題を取りに学校へ戻りました。小さいころは「仕方ない」と思っていましたが、高学年になるにつれてやや呆れがちでついつい怒ってしまいます。小さいころは学校から帰ってすぐに宿題に取り組んでいたのですぐに忘れ物に気づくのですが、最近は一度遊んでからという形で宿題を忘れたこと自体気づくのが遅くて朝早く学校へ行ってしていることもあります。

昨日も夜になって「漢字ノートがない」と言い始めました。その時の表情がこわばっていて「代わりのノートに書く」と言って必死に宿題をしていました。何度も忘れるので自分でも嫌になったようで反省していました。「きちんと学校から出る時確認してくる」と言い出したのです。自分が思っていても思うようにならず、自己嫌悪に陥ることが私にもありましたが息子も同じ気持ちなんだなと思うとあまり怒らないようにしようと思いました。

息子が階段をのぼるようになりました。

今日、8か月の息子が自力で階段をのぼり、2階まで上がりました。

昨日までは階段をのぼり始めた息子を下で見守っていると、4段ぐらいで飽きて「まんまー!」と叫び、私の助けを求めていました。

しかし、今日は「みてみて!」と言わんばかりに、ちょこちょこ振り返りながら、ついに最後まで登りきりました!

ますます目が離せない8ヶ月児です。

我が家の階段に扉をつけたのは、大正解でした。

これで勝手に階段をのぼることはないです。

注文住宅様々ですね。

今日も近所のスーパーマーケットで、女の子に間違われた私の息子。

顔立ちは可愛い女の子でも、性格はとってもわんぱく王子です。

今日もママは、わんぱく王子の奴隷生活、頑張って踏ん張ります。